本文へジャンプ
   
日本母子看護学会

本学会は母子、家族、生殖看護学に関する研究及び実践能力の向上をはかるためお互いに研究研鑽し、母子保健の向上を図り、妊産婦や家族が満足できる出産育児、思春期の性教育に貢献することを目的としております。



木土寺(松戸市)の紅葉(2016.11月撮影)


当学会のバナーは、フィレンツェ派の大画家の一人といわれておりますフィリッポ・リッピの代表的な作品のひとつであります「バルバドーリ祭壇画」があります。これはアウグスティヌス会サント・スピリト聖堂バルバドーリ家礼拝堂の祭壇画として手がけられたもので、とイエスを抱く聖母マリアを中心に、複数の天使たちにかこまれた構図で聖母子像の一つといえます。聖母マリアとイエスを取り囲む姿は母子看護の象徴と考えます。
The Japan Maternal and Infant Caring Association (JMICA)

事務局

 〒143-0015 東京都大田区大森西4-16-20
 東邦大学医学部看護学科 家族・生殖看護学研究室内
 TEL & FAX 03 (3766) 3914   E-mail: jmica2@gmail.com

   2009 Japan Maternal and Infant Caring Association All right reserved